授乳中でも安心して飲める便秘に効くお茶は?

産後の6か月間が、産後ダイエットの鍵と言われていますが、タイミングを逃すと痩せるのが大変な状態になることはご存知でしょうか。

 

家の中にずっといてもダイエットをすることは、難しいことではありません。
ティーライフのメタボメ茶は、飲むだけの簡単ダイエット茶です。お茶と聞くとカフェインの心配などがありますので、妊婦さんや授乳期の方は気になるところですよね。

 

メタボメ茶のカフェイン量は、緑茶やウーロン茶などに比べると、少ないので安心して飲むことができます。

 

メタボメ茶のカフェイン量は、100mlあたり7.5mgとなっています。
ご心配な方は、かかりつけの医師に相談されることをお勧めします。

 

 

?メタボメ茶に使われているのは?

 

先ず、ポリフェノールたっぷりの北海道産の黒豆を直火焙煎して、黒豆の自然な甘みと香ばしさで美味しく飲めるようにしています。

 

それから、ダイエットティーとして有名なプーアル茶をブレンドしています。
蒸気殺菌技術によってプーアル茶特有のカビ臭さのない飲みやすいテイストにしています。

 

更に、脂っこい食事のお供に欠かせないウーロン茶を配合しています。ポリフェノール、カリウム、マグネシウム、鉄、リン、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCといった女性に嬉しい成分がたくさん含まれているお茶です。

 

もう一つ、杜仲茶もメタボメ茶にはブレンドされています。昔から健康維持のために飲まれてきた杜仲茶には、体に良い成分がたくさん含まれているんです。

 

 

?飲むだけで便秘解消

 

女性は、男性と比べると腹筋が少ないため、便秘になりやすいと言われています。しかも、妊娠〜授乳期にかけての女性は、便秘になりやすいですが、赤ちゃんへの影響を考えて市販薬の服用は避けたいため、便秘になっても我慢してしまう方が多い傾向にあります。便秘は、我慢しすぎると肌荒れ、免疫力の低下など美容や健康にも悪影響を及ぼします。

 

産後に骨盤の歪みを改善して、家事の合間に腹筋や背筋を鍛えるなどのエクササイズを行わなければ、脂肪が付きやすくなり、ビヤ樽状の体型になってしまいます。適度な運動は、気分転換にもなりますので毎日しっかりと運動を行う必要があります。

 

それから、出産時の傷をかばっていきむのが難しいという方も多いのではないでしょう。そのため、痔になってしまうという方も多くいるようです。そのうえ、授乳期は、水分を意識して取らないと、母乳に水分が持っていかれるので、便が固くなりやすいため、便秘になってしまいます。

 

 

?授乳中でも安心して飲める

 

授乳中は、お母さんが食べたものがダイレクトに母乳に影響します。赤ちゃんの健康を考えると、便秘だからといって、うかつに便秘薬を飲むことができませんよね。だからといって、便秘が慢性化するのはお母さんの健康によくありません。便秘が続くと、血行が悪くなって体が冷えやすくなったり、睡眠不足になるなどの症状が起きてしまいます。お母さんが健康であることが、赤ちゃんの健康にも繋がりますので、いかにして便秘を解消していくかが重要なこととなります。

 

産後直後は、体力の回復が最優先となりますので、しっかり栄養をとって育児に励む必要があります。産後1ヵ月が経った頃から徐々に腹筋や背筋、ヒップアップ、骨盤の歪み改善などのエクササイズを行うことで便秘も改善することができます。

 

便秘を解消するためには、食物繊維や適度な水分が必要です。メタボメ茶は、食物繊維が含まれていますので、水代わりに毎日しっかり飲むことで不足しがちな水分補給にもなります。しかも、体に優しい自然由来で作られたメタボメ茶は、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲むことができるお茶です。

 

他にも便秘に効果のあるお茶として、ベンデールティー、ダイエットプーアール茶、ルイボスティーなどがあります。これらのお茶の特徴は、低カフェイン、ノンカフェインといった点です。それから、授乳中のお母さんでも安心して飲めるようにオーガニックで栽培されたものばかりなので、赤ちゃんへの影響を心配せずに飲めます。

 

ポットに作り置きしておいて、喉が渇いた時にゴクゴク飲めるようにしておけば、気軽に毎日のむことができますよ。